pediatricobesityclinicでは太陽光発電を推進しています。

当クリニックでは太陽光発電を推進しています。

肥満治療を行うには電力がかなり必要になります。

当院の様に、救急等が無い場合は良いのですが、急患が入る病院などは特にソーラーパネルの設置をおすすめします。

住宅用太陽光発電で充分です。緊急時に電力を補給してくれればそれでいいのですから。

今回下記サイトを参考に太陽光発電のメリットやデメリットについて調べました。

住宅用太陽光発電を設置する際の工程について

販売価格の低下によって導入しやすくなった住宅用太陽光発電システムですが、実際に導入するとなると設置工事を行わなければなりません。

その工事自体もそれなりに時間が必要ですが、その前に行わなければならない手続などを考えると工事が完了して発電システムを稼働させるまでにはさらに時間が必要となります。

補助金や売電価格が変わる前に設置を完了させなければならない場合も出てくるので、焦ることの無い様前もって設置工事の内容や期間については調べておきましょう。

住宅用太陽光発電の設置工事は最短で一日、長期に渡ると二週間ほど掛かります。全体的な流れは設置する住宅に発電システムを運び入れ、パネル設置用フレームを屋根に取り付け、パネルの配線取り付け、パネルの取り付けを数時間かけて行い、同時進行で住宅内の配線取り付け工事を同時に行っていきます。

新築の場合はそれほど時間は掛かりませんが、既存の屋根に取り付ける場合は足場の設営などを行うことになるので、その分の時間も含めて二週間は取られるものと考えてください。

取り付け作業自体はそれほど時間は掛かりませんが、その前の手続のほうが時間は掛かります。

まず販売業者と打ち合わせを行い、こちらの要望を聞いてもらい、その後実際に販売業者に現地に来てもらい、予定通りに工事を行うことが出来るか、近隣住民に迷惑を掛けないかといった情報を改めて確認してもらった後に詳細を決定し、契約作業や工事の申請手続きを行った後本格的な工事が始まります。

この手続が完了するまでには最大で一ヶ月の日数が必要になるので、手続は早めに済ませるようにしましょう。

【まとめ】

住宅用太陽光発電の設置工事は屋根の工事と内装工事を同時に行い、一日で完了するが、既存住宅の場合は足場設営もあるので最長で二週間は掛かる。

さらに手続に最大一ヶ月はかかるので、手続は早めに済ませるのがオススメです。

子供が肥満になる原因

子供が肥満になる原因

肥満は、心疾患や脳血管疾患、そして糖尿病といった多くの深刻な病気を引き起こすものとされていますが、子供であっても肥満には大人と同じような影響かつきまといます。

ではこの子供の肥満の原因にはいったいどんなものがあるでしょうか。

じつは子供の肥満を考えるときに親の肥満というのは無視できない要素です。

もちろん遺伝の問題というものがあります。

太りやすい体質である人はどうしてもおり、そのような遺伝子を受け継ぐことによって子供が肥満になるというのもよくあることです。

しかし遺伝のせいばかりにするわけにはいきません。

「親が肥満で子供も肥満」というのは生活環境が同じだから必然的にそうなるという要素も大きいのです。

脂質や糖質を多く摂り運動もあまりしないような家庭環境では、遺伝の問題を抜きにしても子供が肥満になってしまいます。

このような環境を改善する努力が、まずは子供を肥満にさせないための第一歩です。

食生活以外の原因

このように食生活は肥満を引き起こすもっとも直接的な要素ですがそれ以外にはどのような原因があるでしょうか?

たとえばよく言われるのが運動不足です。

インドアの遊びが現代ではますます多くなっており、それが肥満の増加につながっています。

そしてそのほかにストレスも肥満の原因になりがちです。

これは詳しく言えば大きなストレスを受けることによってそれを食べることで解消しようとし、肥満につながるということです。

まとめ

子供の肥満には親からの遺伝のほかに、親が肥満になりがちな生活環境に暮らしていることも大きな要因です。

また食生活以外の要因としては運動不足や、ストレスによるカロリーオーバーなどがあります。

肥満児が激増している現状について

肥満児が増えている

子供の頃から太っていると多くの病気にかかりやすくなります。

専門的な分類では(体重−標準体重)÷標準体重×100の数値が20%以上であれば、「肥満児」ということになっています。

現代の子供はひと昔前よりもこの肥満児が増加していると言われています。

これは、外で遊ぶ機会が減少したことや外食をする機会が増えたこと、食生活の欧米化が進んだことなどが主な原因とされています。

ある調査では学童の10%が肥満であるというデータもあり、深刻な問題とされています。

では子供の肥満は具体的にどのように健康に悪影響を及ぼすのでしょうか?

肥満児の健康リスクとは

肥満であることの大きなリスクのひとつが心臓への負担が大きくなることです。

重い身体を動かすには、その分多くの酸素や血液が必要になる一方で、身体じゅうの毛細血管が長くなります。

そのため、その長い血管を通って大量の酸素と血液を供給しなければならなくなり、心臓には大きな負担がかかるのです。

そしてその他に、重い体重を支えるため足腰への負担も大きなものになります。

実はヒザには人間が歩く際に、その体重のだいたい3倍もの負担がかかっているものです。

つまり体重が1kg増えるごとに、ヒザへの負担が3kg増えている計算になるのです。

そしてヒザのほかにも腰椎や股関節など、体重の多くかかる所には負担が非常に大きくなります。

そして運動による負担が大きいと運動嫌いになり、ますます運動をしなくなって肥満が進行するという悪循環に陥ることになります。

まとめ

現代では肥満の子供は増える傾向にあり、心臓への負担や足腰への負担などの健康へのリスクが高くなります。

そして運動嫌いになってますます肥満が加速するという悪循環も起こりがちです。

我が子を肥満にさせない為に

我が子を肥満にさせないために

子供の肥満は大人の肥満と同じような弊害があり、高脂血症や心疾患、また脳血管疾患などのさまざまな深刻なリスクをともないます。

そのため子供といえども肥満にさせないことが大事。

子供のころにこのような深刻な病気が発症しないとしても、子供のころに肥満の時期を経験していることで大人になってからのこれらの発症のリスクを高めるのです。

そしてこのような深刻な健康リスクを引き起こすことがなくても、多感な時期に肥満であることはいじめや自己の容姿へのコンプレックスを産み、その後の人生にも深刻な影響を及ぼします。

ですから親も子供を肥満にさせないよう常に注意を払っておく必要があるのです。

では具体的に親はどのようなことに気をつければいいのでしょうか?

子供の肥満の対策

子供の肥満を防ぐ予防策のうちカンタンにできるものといえばやはり食生活に気をつけることです。

その中でも意外に無防備なのが飲み物です。

ジュースや炭酸飲料などは私たちが考えるよりずっと多くの糖質が含まれているものです。

そのため、小さなころからこのようなものではなく、水やお茶、そして牛乳などを飲むように習慣づけておくことが大事です。

またジュースを飲む場合に役立つのが無糖の炭酸水です。これで割ることで糖質の摂取を制限できます。

もちろん運動も大事です。休日なども家族で運動をする習慣をつければ自然に運動をする子に育ちます。

まとめ

子供の肥満は深刻な健康リスクを引き起こす恐ろしいものです。

そのため小さい頃から親が肥満にならないように気をつけることが大事です。

糖分の多いジュースなどを与えないようにしたり運動の習慣をつけるようにしましょう。

Pediatric Obesity Clinic(幼児肥満クリニック)とは

幼児肥満クリニック(Pediatric Obesity Clinic)とは

幼児肥満クリニック(Pediatric Obesity Clinic)とは、肥満の治療をおこなう医療機関のなかでも、特に幼児の肥満を専門に扱っているクリニックのことです。

このPediatric Obesity Clinicは、成長にも重大な影響を与えるとともに大人になった際の肥満や、それ原因とした数々の病気を引き起こす幼児期の肥満の治療をおこなっています。

では、このPediatric Obesity Clinicでは具体的にどのような治療がおこなわれているのでしょうか?

幼児肥満クリニック(Pediatric Obesity Clinic)でおこなわれる治療

Pediatric Obesity Clinicではおもに軽度の肥満と中度、高度の肥満それぞれに対して治療をおこなっています。

たとえば軽度の肥満であれば、食事療法が中心になることが多いです。

このPediatric Obesity Clinicでの食事療法の一例としては食事の量はそのままで、そして食材を改善することによって肥満を解消するなどの方法がとられます。

糖質を減らしてタンパク質や野菜を増やすことにより、このような軽度の肥満が解消することも多いです。

そしてそのほかに中度の肥満や高度の肥満に対してPediatric Obesity Clinicでは栄養士による個別の、綿密な栄養や食事に関する指導がおこなわれます。

日常の食生活もきっちりと記録し、それをもとにPediatric Obesity Clinicで指導がおこなわれるのです。

とくに気をつけるべき食事としては、高カロリーなお菓子などももちろんですが、飲み物にも気を配る必要があります。

ジュースなどにも以外に多くの量の砂糖が使われているもので、その他にも野菜を食べる際のドレッシングやマヨネーズも高カロリーなので注意が必要です。

まとめ

幼児肥満クリニック(Pediatric Obesity Clinic)では食事療法が中心になった治療がおこなわれることが多く、軽度であれば量はそのままで内容を改善します。

そして中度や高度の肥満の場合は綿密な栄養指導がおこなわれます。

肥満(Obesity)治療にかかる費用

肥満(Obesity)治療にかかる費用

肥満(Obesity)に悩んでおり、適切なダイエットを自分で成功させる自信がない場合、また、どのようなダイエットを試してもObesityが解消しないという場合は、専門の医療期間に相談するのがおすすめです。

肥満(Obesity)専門外来を設けている病院やクリニックも多く、そのような医療機関の指導にしたがって適切な治療をおこなうことで効果的にObesityを解消することができます。

また、「ダイエット外来」などの名称でObesityに悩む人の相談に乗っている医療期間も多いです。

では実際Obesityの治療にはどのくらいの費用や期間が必要になるのでしょうか?

まずObesityの治療に必要な費用ですが、薬物療法の場合は1ヶ月分で一例として30,000円程度が目安です。

もちろんそれ以上かかる場合もあります。

そしてObesityにはほかに脂肪吸引などの治療がおこなわれる場合もあり、この脂肪吸引であれば1部位につき200,000円程度から、そしてその他メソセラピーの場合は1部位につき25,000円程度から治療を受けられます。

ただ、場合によってはObesityの治療に保険が適用になることも多いですので、そのような場合にももちろん自己負担の金額は変わってきます。

Obesity治療の期間

ではObesityの治療にかかる期間はどれくらいでしょうか?

食事療法や運動療法を中心にしたObesityの治療であれば、多くの人が3ヶ月ほどで結果を出しているような病院やクリニックもあります。

そしてその他、メスを使うような外科的な治療であれば、手術自体は1日で終わるものの、身体の回復を待たなくてはいけません。

まとめ

肥満(Obesity)の治療には、費用としてはさまざまなパターンがあるものの保険が適用になるケースもあります。

期間としては、食事療法や運動療法などで3ヶ月で成果を得られる場合もあります。

幼児肥満(Pediatric Obesity)とは

幼児肥満(Pediatric Obesity)とは

幼児肥満(Pediatric Obesity)とは子供におこる肥満のことです。

このPediatric Obesityは大きく分けて2種類があり、「症候性肥満」と「単純性肥満」に分けられます。

Pediatric Obesityのうち脳腫瘍やホルモンの異常、そしてその他、先天性の異常によっておこるのが「症候性肥満」です。

この症候性肥満とは、いわゆる病気を原因にしたPediatric Obesityといえます。

そしてPediatric Obesityのもうひとつの種類である単純性肥満とはおもに食生活などの生活習慣によっておこるものです。

脂質の多い食事をとっているお子さんは、Pediatric Obesityになりがち。

特に現代のお子さんは西洋型食生活に外食を食べる機会の増加、また、運動をする機会の減少などによって、一昔前のお子さんよりも、Pediatric Obesity、そのなかでも単純性肥満になる確率が高くなっているといえます。

単純性肥満とはなにか

Pediatric Obesityのうちでも単純性肥満は、あなどっていると深刻な影響を及ぼすことも多い症状です。

Pediatric Obesityは子供のときだけで収まるものではなく、そのまま大人になったときにも肥満になる確率を高めると言われています。

そのため、多くの人がPediatric Obesityを原因として大人になっても肥満に苦しみ、心機能や肺機能を低下させているほか、高脂血症や脂肪肝といった多くの深刻な病気になることが多いのです。

そのようなことを防ぐためにもPediatric Obesityは早期の治療が大事です。Pediatric Obesityでの治療の中心は運動療法や食事療法などです。

Pediatric Obesityで逆に避けるべきなのは自己流のダイエットに頼ること。このようなダイエットはPediatric Obesityに効果がないばかりか、お子さんの健康を阻害してしまいます。

まとめ

幼児肥満(Pediatric Obesity)は病気を原因とするケースと生活習慣を原因とするケースがあり、とくに生活習慣が原因の場合、食事療法や運動療法などの治療がおこなわれまず。

Obesity(肥満)の治療について

肥満(Obesity)の治療について

肥満(Obesity)に悩む人は古くからいましたが、近年ではそのObesityを病院で治療しようという動きが盛んになってきています。

このObesityは、放置しておけば心疾患や脳血管疾患、そして睡眠時無呼吸症候群などを引き起こすため、治療を必要としているObesityの方は多いです。

また、Obesityはこのように深刻な病気を引き起こすことを通じて社会保険料の増加につながるという影響も与えており、その意味でも社会全体で取り組むべき問題となっています。

肥満(Obesity)というと、ダイエットをすればいいという方も多いです。たしかに効果的で安全なダイエットで、実際にObesityを解消することができればよいのですが、間違った食事制限や過度な運動、そしてダイエットサプリメントの濫用などは効果がないばかりか、ほかの深刻な症状につながってしまうことも多いため、医療としてのObesityへの対策が求められているのです。

Obesityの対策として、「カンタンなダイエット」「楽にできるダイエット」などの売り文句におどらされてしまうのも問題です。

このようなダイエット方法は身体に負担をかけることが多く、成功率がそれほどないこともあり、より、身体への負担を増してしまいます。

Obesityへの医学的な取り組みとは

では医療としてObesityへの対策をおこなう場合、具体的にどのような治療がおこなわれるのでしょうか?

まずその前段階としてそれぞれが自分のObesityがどのような原因でおこっており、さまざまなタイプのObesityのどれに当てはまるのかということを自覚したうえで、食事療法やエクササイズをおこなっていきます。

まとめ

深刻な症状を引き起こしがちな肥満(Obesity)への対策として巷には多くのダイエット法が出回っていますが効果のないものも多く、食事療法などの医学的な取り組みが必要とされています。

Pediatric Weight Clinicについて

幼児肥満の治療をする病院「Pediatric Weight Clinic」について

Pediatric Weight Clinicは、幼児肥満を専門に扱う病院です。

このPediatric Weight Clinicでは幼児肥満の対策としておもにその診断や生活リズムの改善への取り組み、そして食事療法などをおこなっています。

幼児肥満は「健康の証拠」として、大人からも軽く見られがちなことが多いですが、実は大人の肥満と同様、深刻な症状を引き起こす危険をはらんでいるのです。

Pediatric Weight Clinicでは、幼児肥満が大人と同じように心筋梗塞や動脈硬化、そして皮膚線条、股ずれ、関節障害や月経異常などの多くの症状を引き起こすと警告しています。

このPediatric Weight Clinicは、そのほかにも幼児の肥満によって、不登校、いじめなど、精神的な面での悪影響が深刻であることも指摘しています。

Pediatric Weight Clinicでの治療

このように深刻な問題をはらんでいる幼児肥満ですが、一般的に幼児肥満専門病院(Pediatric Weight Clinic)ではどのような治療をおこなっているのでしょうか?

ひとつの方法として食事療法があります。

このPediatric Weight Clinicでの食事療法はまず、そのお子さんが何をどれくらい、どのように食べているか、ということを把握することから始まります。

そして管理栄養士が食事メニューの提案をしてくれることも多いです。

幼児肥満の対策としての食事療法にはご家族の協力が欠かせません。

Pediatric Weight Clinicでは、治療の対象となるお子さんにだけ、特別なメニューを食べさせるというよりも、家族みんなで協力して同じメニューを食べ、健康的な食生活を送るということを提案しています。

まとめ

Pediatric Weight Clinicは深刻な症状を大人と同じように引き起こす可能性のある幼児肥満の治療をおこなう病院です。

このPediatric Weight Clinicではお子さんの食事療法などをおこなっており、理想的なメニューを管理栄養士などが提案してくれます。

Obesity Clinic(肥満治療クリニック)とは

肥満治療クリニック(Obesity Clinic)とは

肥満というものは一昔前までは、個人の努力で、主にダイエットによって解決するものとされていました。

しかしこの肥満はメタボリックシンドロームなどの言葉の浸透が示すように社会問題化しており、肥満がさまざまな生活習慣病の原因として深刻な症状も引き起こすなど、専門家によるより高いレベルでのアプローチが求められています。

肥満治療クリニック(Obesity Clinic)はそのようなニーズを元にして増えているクリニックです。

Obesity Clinicでおこなわれる治療

Obesity Clinicの治療の対象となっているのは、見るからに太っていてダイエットがうまくいかずに悩んでいる人ばかりではありません。

そのような方々も重要な治療の対象であることに間違いはありませんが、そのほかにもObesity Clinicでは、BMI指数が25以上など、深刻な肥満に陥っていたり、そのせいで健康を損なっている人などです。

このような人たちは特に糖尿病や心疾患、脳血管疾患や、また睡眠時無呼吸症候群(SAS)などを引き起こすおそれもあり、早急にObesity Clinicで治療をしなくては命に関わる状態にもなりかねないのです。

Obesity Clinicでは食事療法や行動修正療法などによって、このような深刻な病気にもつながりかねない肥満を解消していきます。

そして特に肥満の対策として大事なのがやはり食事制限です。

ストレスを受けたときについ食事に手が伸びてしまう、という多くの患者さんに共通する悪循環を断つのも、このObesity Clinicの重要な使命のひとつです。

まとめ

肥満治療クリニック(Obesity Clinic)はダイエットに悩む方のほか、肥満が深刻な健康への悪影響をもたらしている人も治療の対象です。

この肥満治療クリニック(Obesity Clinic)ではおもに食事療法や行動修正療法などをおこない、肥満の解消につとめています。