大阪の太陽光発電普及率が低めな理由

大阪の太陽光発電普及率は低め・・

大阪では、太陽光発電は都道県別の補助金申請をもとにしたランキングで普及率が第35位と、意外と低めです。
ほかの県の普及率をみると、佐賀県、熊本県、宮崎県がそれぞれ、1位、2位、そして3位となっていて、日照量の多い九州地方の県が軒並み上位にランクインしています。
ただ、大阪市では普及率自体はまだまだこれらの上位の県に及ばないものの、導入量の伸び率では、高い値を示しています。
これは、いったいどういうことなのでしょうか?

補助金効果で高い伸び率

大阪市は、戸建住宅の太陽光発電設備の導入に対して補助金を出しており、その結果、多くの家庭がこの太陽光発電を導入しています。
全国平均では、平成16年から17年の導入数に対する平成23年までの伸び率が、1300%程度であるのに対して、大阪府では1200%台であったものの、大阪市では2500%台と、非常に高い伸び率を記録しているのです。
このように、都道府県別では、大阪府は全国平均並みの伸び率でありながら、大阪市に関していえば、補助金に関する政策が功を奏し、高い伸び率と導入数を示しているのです。

大阪府と大阪市の差

大阪府自体では、今のところ、目立った補助金に関する政策はおこなわれておらず、導入を検討している個人や法人は、各市区町村の補助のみに頼ることになっています。このあたりのことが、府と市の普及率の差として現れています。
個別で太陽光発電の普及に力を入れ、補助金を出している大阪府の自治体としてはほかに、堺市、岸和田市、豊中市、池田市、大津市、寝屋川市、泉佐野市などがあります。
たとえばこのうち、堺市でおこなわれている補助としては、1kw辺り2.5万円を補助するものです。

まとめ

大阪府の太陽光発電の普及率は全国35位ですが、大阪市に関しては、高い伸び率を示しています。

オール電化と太陽光発電の組み合わせは本当に効率的?

オール電化太陽光発電

オール電化と太陽光発電の組み合わせ

オール電化太陽光発電太陽光発電とオール電化の併用、というのは、多くのメーカーですすめられます。
しかし、このふたつを経済的に併用するには、太陽光発電の最大にメリットである、売電収入を、オール電化の電力利用によって下げない工夫が必要なのです。
これはいったいどういうことでしょうか?
太陽光発電は、太陽電池バネルによる自家発電で、設備投資は必要であるものの、電気代を節約できるとともに、長い目で見れば、売電収入によってかかったコストを回収することもできます。

電気に偏る為する費用を一本化出来る

また、オール電化は、ガスを利用しておこなっていた給湯などを電気を利用してまかなうことによって、これまでかかっていたガスの基本料金をゼロにして、光熱費全体を節約できるというメリットがあります。
そして、よく「昼は太陽光による自家発電で、夜はオール電化の安い電力で」と併用をすすめる業者が多いのですが、じつは、そのとおりにしても、すべての方が利益を受けるわけではないのです。
では、どうしてこれほどまで多くの業者がすすめているこのふたつの併用が、利益をもたらさないことがあるのでしょうか?

組み合わせるとデメリットにある事も

それは、オール電化を利用することによって、電力会社から供給される電力の使用料が増えてしまうためです。
そもそも太陽光発電の最大のメリットは、自家発電により節電ができるということにあったのに、それがオール電化の電力使用によって阻まれてしまい、結果、売電収入が下がるのです。
この状態を回避して、うまく太陽光発電とオール電化を併用するには、どうすればいいのでしょうか?
たとえば、電気代の高い日中には電気の使用は最小限にして、夜にのみ電気を使用するようにすれば、併用のメリットを活かすことができます。

オール電化と太陽光発電の組み合わせまとめ

太陽光発電とオール電化は、じつは併用してもメリットが大きくない場合があるので、日中の電力使用をひかえることが必要です。

ソーラーパネルの発電効率について

発電効率はパネル選びの重要な基準

太陽光発電ご自宅などに導入する際にはアフターフォローや設置費用などもちろんですが、発電効率も注意してチェックする必要があります。この発電効率はメーカーごとに違っており、インターネットなどでもそれぞれの発電効率を比較したサイトがありますのでよく確認することが必要になります。
それぞれの業者で、発電効率が高いのはどこでしょうか?

発電効率が世界一は東芝

実験で最も発電効率が高かったのは、東芝の製品です。東芝の「SPR-250NE-WHT-J(E20/250)」は、20.1%の発電効率と250ワットの最大出力をマークし、最も高い値を示しました。
続いて2番目に高かったのがシャープの「NB-245AB(E19/245)」で、こちらは効率に関しては19.7% 、最大出力245ワットでした。
そして、 3番目に高かったのがパナソニックの「HIT250α」です。こちらは19.9% 、最大出力は、1位の東芝の製品と同じ250ワットです。
これらの上位3つの製品を比較して特徴的であるのは、第1位の東芝の製品と、第2位の製品は両方とも、サンパワーというメーカーの太陽電池パネルを使用しているということです。

単結晶パネルは発電効率が高い

また、幅広く使われたのはすべて単結晶や、単結晶パネルを使用したハイブリッド多接合型のパネルです。単結晶パネルは、いくつかの太陽電池パネルの種類の中で、最も発電効率がよいため、これらを総合して考えればサンパワーの製品を使用した東芝やシャープの単結晶のものを採用するのが、発電効率を高めることになるといえます。サンパワーの製品を住宅用に提供しているのは、東芝とシャープのみです。

モジュール変換効率とセル変換効率

また、発電効率を比較する基準としては、「モジュール変換効率」と「セル変換効率」の2種類の基準が使われています。モジュール変換効率はパネル1枚ごとの効率のことで、また、セル変換効率は、モジュールの発電部分であるセルごとの効率を比較したものです。

まとめ

変換効率の良いソーラーパネルは、東芝やシャープの提供するサンパワーの単結晶パネルです。また、発電効率には、モジュール変換効率とセル変換効率の2つの基準があります。

太陽光発電シュミレーションの信ぴょう性について

太陽光発電シュミレーションって信頼出来るの?

太陽光発電シュミレーション太陽光発電提供しているそれぞれの会社では、シュミレーターを公式サイトに置いており、太陽光発電を導入した場合の節約できる電力量などのシミュレーションを気軽に行うことができます。

見積もりを取る前に行っても良いかもしれません。

見積もりをきちんと取る前に、まずはこのシュミレーターでそれぞれの業者を比較したり、イメージを掴むのも良いかもしれません。
太陽光発電を導入したいと考えていても何から始めたらいいのか分からない方、本当に節約できるのか半信半疑だという方にオススメなのがこの太陽光発電のシミュレーターです。設置する土地や屋根の向き、また傾斜角度などを入力するだけで、簡単にどれぐらいの電力量が節約できるのかや、どれほどお得なのかを診断することができます。

メーカーごとにシュミレーションの基準が違います

それぞれのメーカーで独自のものが用意されていますので、金額の違いから、メーカー選びの参考にするのもよいでしょう。
入力すべき項目は、多くのシミュレーターで、住所や、屋根の傾斜角、そして、屋根の向きや形などです。
そして、現段階の月々の電気代を入力することによって、そこからどれほどの節約が可能なのかを診断することができます。

詳細を設定すればする程正確なシュミレーションに

1ヶ月のみの電気代を入力して診断できる方式と、1年間の1月から12月まで、それぞれの月の電気代を入力する方式、また、そのどちらかを選ぶことができる方式のシュミレーターなどがあります。
これらを使用する場合には、ご自宅の屋根の角度を入力する必要がありますので、大体の角度を確認しておきましょう。
傾斜角や屋根の向きは、発電量に大きく影響を与えますが、東向きや西向きであれば、だいたい南向きの8割程度の発電量を得ることができます。

まとめ

各社が提供している太陽光発電のシミュレーターで、簡単に節約できる電気代などのシュミレーションができます。お住まいの土地や、実際にかかっている電気代などの入力をするだけでOKです。

太陽光発電のデメリットをわかりやすく解説します。

太陽光発でのデメリット太陽光発電はクリーンで、しかも、経済的に利用できる次世代のエネルギーとして以前から注目を集めていますが、実はいいことばかりというわけではありません。

デメリットは意外と多い

デメリットとしては、天候などに発電が左右されやすいこと、初期投資がかなりの金額かかること、また、 国からの補助金が行われなくなったことなどがあります。

まず、発電量の問題ですが、当然ながら太陽光発電は太陽がでている昼間しか発電はできません。また、雨、曇りの日などでは、まったく発電できないわけではないものの、発電量が大きく下がってしまいます。

発電効率もそれ程高くない

そして、太陽光発電のシステムはまだまだ未完成で、変換効率もそれほど高いとは言えないものです。

初期投資も高額

そして初期投資の問題があります。太陽光発電パネル屋根に設置するなど、設備を導入する際にはかなりの金額がかかりますので、資金に余裕のある方しか導入できないというのが現状です。

補助金は打ち切り

また、補助金に関しては、 2015年まで国からの補助金が行われていたものの、それは打ち切りになり、自治体の補助金のみに頼らざるを得なくなっています。
そして、このほかにも工事費やメンテナンスの問題があります。太陽光発電パネルそのものの金額のみならず、こういった工事費やメンテナンスにかかる費用に関しては、値下げされる見込みも少ないため、定期的にお金がかかってしまうというのもデメリットの1つです。

悪質業者もデメリットのひとつ

そして、電力会社のように大手の企業ばかりをユーザーが相手にするわけではありませんので、多くの企業がこの分野に参入しているのですが、なかには悪質な業者もおり、詐欺等に引っかかってしまう方もいます。

まとめ

太陽光発電のデメリットは、発電量が不安定であることや、コストがかかることなどです。また、導入の際には詐欺などにも注意が必要です。

太陽光発電のメリットをわかりやすく解説します。

太陽光発電のメリット

太陽光発電のメリット太陽光発電を導入する際にメリットは、なんといっても電気代などの節約できるということです。また、その他に、余った電力売電することも可能であるほか、もちろん、 CO2をほとんど排出しない、地球に優しいエネルギーを利用することができることも大きな魅力です。

太陽光発電の大きな特徴は、他の発電方法である水力や火力などと違い、自家発電であるということです。そのため、電力を電力会社から買う必要が大幅に減り、さらに余った電気は売電できるためそれも収入に充てることができるのです。
設置には大きなコストがかかるものの、長く使い続けていればそのコストもかなり高い確率で回収できます。

また、自家発電であるということは、災害時に電力の供給がストップした時にも、設備が無事である限り、自家発電をし続けることができるというメリットがあります。ですから、大規模な災害時にも効果を発揮するのです。

災害時も効果を発揮する太陽光発電

このように、その他の種類の発電方法とは違い、より安心で、しかも経済的にも効率が良いのが、太陽光発電の魅力。
導入に際しても、実はメリットがいっぱいあります。自治体などから補助金を受けることができるため、設備費用など、導入にかかる金額をすべてユーザーが負担する必要はありません。ですから、こういった補助金などを利用すれば、より効率的に太陽光発電を始めることができるのです。

価格が下がっているのもメリットのひとつ

また、設置費用も、以前はかなりの金額が必要であったものの、現在では価格が下がっており、導入ハードルが低くなっているのです。

まとめ

太陽光発電はクリーンなエネルギーでありとても経済的。災害にも強いシステムです。補助金の利用や設置費用の値下げなどで、ますます気軽に導入することができるようになっています。

 

 

 

節電効果の具体的な金額は? | 太陽光発電の売電価格

節電効果は10%から20%

節電効果の具体的な金額太陽光発電を導入した場合、ご家庭でも、かなりの節電効果が見込め、その効果は場合によっては10%から20%になるということもあります。
どうして太陽光発電はこれほどまでに高い節電効果を発揮できるのでしょうか
太陽光発電の導入には、いかに補助金などがあるとは言え、それなりの費用がかかるものです。
ですから、やはり節電ができたとしてもコストがどのぐらいで回収できるのかというのが気になるところですよね。

節電効果と併せて売電効果も大きい

自家発電するために電気代が節約できるのももちろんですが、太陽光発電をしていれば、電気が必要以上に作れることになり、これを電力会社に売って、収入を得ることができるのです。これが太陽光発電を導入する際の大きなメリットです。
経済産業省による試算では、一例として、導入にかかった金額は約12年で回収できるとされています。これは例えば200万円で太陽光発電システムを導入したとして、補助制度で国から自治体から合計で25万円、また延期料金は60万円節約でき、さらに売電収入が100万円以上と、大きな節約効果が見込めるのです。
そして、もちろん12年目以降も、低料金を節約でき、売電収入も見込まれますので、これ以降は、それなりに高い利益を得ることもできます。
また電気を作れるという以外にも、間接的な効果があるのです。

ソーラーパネルによる断熱効果で節電効果UP

それを太陽光発電パネルによる断熱効果です。太陽光発電パネルを設置すると、断熱効果を得られるため、その分、夏や冬に冷暖房を使う必要性が減ります。このため本来冷暖房にに使っていた電気料金を節約することができ、さらに高い節約効果が見込めるのです。

まとめ

太陽光発電の節電効果は、最大20%程度にもなります。また、冷暖房の節約ができるので間接的な節電効果が見込めます。

 

 

規模別価格相場をわかりやすく | 太陽光発電の売電価格

規模別の価格相場は?

規模別価格相場太陽光発電を導入する際に最も気になるのがやはりその価格ではないでしょうか。価格は、発電量を元にした規模別にも変わってきます。

10 キロワット、50キロワット、 100キロワットの3種類に分けた場合、10キロワットなら750万円から、50キロワットの場合は1,800万円から。そして、100キロワットを越える場合は、1キロワット当たり13万円からというのが大体の相場のようです。
ただこれらは、国内のメジャーのメーカーのものを採用した場合です。そうではない国内メーカーを利用する場合や海外のメーカーの製品を使う場合もう少し価格が安くなります。

海外メーカーの価格相場は?

では海外メーカーを使用した場合であれば、どれくらい安くなるのでしょうか?
海外メーカーの太陽光発電設備を導入したとすると10キロワット場合は650万円、 50キロワットの場合は1,750万円、100キロワットの場合は15万円(1キロワットあたり)となっています。
このように、節約したい場合は海外メーカーの製品を使うのも手です。また、うまく安い業者から導入した場合、1キロワット当たり35万円で済むという場合もあります。

実際の価格は見積もりを取って確認!

しかし、複数の業者を比較する場合は、ただパンフレットの情報に頼るのではなく、きちんと見積もりを取ることがお勧めです。
どうして、いちいち見積もりを取ることが良いとされているのでしょうか?
なぜなら、屋根の形によって、設置できる太陽光発電設備が異なり、また、見積もりをする業者によって、同じ屋根でも、パネルを設置できる枚数が違ったりするので、それぞれからきちんと見積もりを取ることがおすすめなのです。理想的な発電量とそのために必要なパネル数を確保でき、なおかつ安い業者を選ぶというのが適切な手段です。

まとめ

太陽光発電は規模によって、また、メーカーによっても大きく金額が違い、安ければ1キロワット当たり35万円から導入できます。また、きちんと自分の家のケースにあわせた見積もりを取ることが大事です。

 

 

 

 

補助金はどこからいくら出るの? | 太陽光発電の売電価格

太陽光発電の補助金について

補助金太陽光発電の補助金は、現在、それぞれの自治体が出資しています。
つまり、発電設備を設置する場所の自治体にそれぞれによって、独自の補助金制度が実施されているというわけです。
では、自分のところで補助金など出されるのかどうかというのが気になるところですが、いったいどのくらいの割合で、補助金が実施されているのでしょうか?

補助金はいくら出るのか?

平成25年の段階で、太陽光発電システムの支援策を実施している自治体は、1267あり、この数は、すべての自治体の中のおよそ70%以上にあたります。
つまり、あなたの街でも実施されている確率が高いということです。
では、具体的にどんな補助金が、どのぐらい出されているのでしょうか?

太陽光発電を導入後補助金が出た具体例

例えば、東京都の例をみますと、コージェネレーション設備の場合、機器への4分の1を、上限額22.5万円として補助金を受けることができます。
また蓄電池であれば、機器の6分の1が、上限額を50万円として補助が行われます。
また、太陽光発電システムに関しては、上限額は19.9万円で、 1キロワットにつき2万円が上乗せされます。
では、例えば長野県長野市の場合はどうでしょう?

長野県長野市の例

こちらでは、1キロワットにつき、 2万円の金額を受け取ることができますが、上限金額は、個人の場合は9万円となっています。
あるいは山口県の場合ですと太陽光発電システムは、1キロワット当たり1万円、上限は10 kwとなります。
それにしても、国からの援助というのは行われていないのでしょうか?

国からの補助金は平成25年で終了

実は、平成25年までは、国からの補助金が行われていました。
しかし、平成26年に関しては、この補助金は今のところ実施される予定もありません。

補助金まとめ

太陽光発電の補助金はそれぞれの自治体からだされており、受け取ることができる金額はまちまちです。

 

 

 

 

パナソニックソーラーパネルのメリットデメリット | 太陽光発電

パナソニックの太陽光発電とは

パナソニックの太陽光発電システムはグループ企業である三洋電機が開発・販売を行っています。1992年に日本で初めて太陽光発電システムを一般住宅の屋根に取り付けたという老舗企業ということもあって様々な商品を世界中に送り出しており、ソーラーシステムからパワーコンディショナー、蓄電システムに架台に至るまで関連製品を開発しており、どの商品も世界トップクラスの高性能を持つ人気商品として世界中で利用されています。

パナソニックのソーラーパネルは非常に優れた発電量を持つことで知られ、一般家庭の限られたスペースでも十分な発電量を確保することが出来ます。さらに複数のサイズを用意しているので、無駄なスペースが生まれてしまいがちな太陽光発電システムの取り付けに際しても、屋根のスペースを無駄なく利用してより多くの発電量を確保することが出来ます。さらに発電量の多さと耐熱性能の高さもあいまって長い間使い続けても安定して高い発電量を確保することが出来ます。

高い性能を持つパナソニックの太陽光発電システムですが、さらに複数の製品と組み合わせることで違った使い方もできます。例えば蓄電システムを導入することによって夜間に使用する電力の大半を自分たちで賄うことが出来るようになったり、災害時の備えとして常にまとまった電力を確保することが出来るようになったりと、普段の家計を売電で支える以外の使い道に利用する事も出来るので、使用目的に応じて様々なシステム構成を考えることが出来ます。

【メリット】商品バリエーションが豊富で様々な目的に利用する事が出来る。

【デメリット】高性能な分値段も高く、利益が出るまでに長い時間が必要。