パナソニックソーラーパネルのメリットデメリット | 太陽光発電

パナソニックの太陽光発電とは

パナソニックの太陽光発電システムはグループ企業である三洋電機が開発・販売を行っています。1992年に日本で初めて太陽光発電システムを一般住宅の屋根に取り付けたという老舗企業ということもあって様々な商品を世界中に送り出しており、ソーラーシステムからパワーコンディショナー、蓄電システムに架台に至るまで関連製品を開発しており、どの商品も世界トップクラスの高性能を持つ人気商品として世界中で利用されています。

パナソニックのソーラーパネルは非常に優れた発電量を持つことで知られ、一般家庭の限られたスペースでも十分な発電量を確保することが出来ます。さらに複数のサイズを用意しているので、無駄なスペースが生まれてしまいがちな太陽光発電システムの取り付けに際しても、屋根のスペースを無駄なく利用してより多くの発電量を確保することが出来ます。さらに発電量の多さと耐熱性能の高さもあいまって長い間使い続けても安定して高い発電量を確保することが出来ます。

高い性能を持つパナソニックの太陽光発電システムですが、さらに複数の製品と組み合わせることで違った使い方もできます。例えば蓄電システムを導入することによって夜間に使用する電力の大半を自分たちで賄うことが出来るようになったり、災害時の備えとして常にまとまった電力を確保することが出来るようになったりと、普段の家計を売電で支える以外の使い道に利用する事も出来るので、使用目的に応じて様々なシステム構成を考えることが出来ます。

【メリット】商品バリエーションが豊富で様々な目的に利用する事が出来る。

【デメリット】高性能な分値段も高く、利益が出るまでに長い時間が必要。

住友電機の太陽電池モジュールまとめ | 太陽光発電

集光システムを搭載している太陽電池モジュールは、高効率、高温環境に優れた発電システムです。

住友電工は、集光システムを搭載している太陽電池モジュールを製品化しました。一番最初の製品は、既に宮崎大学のキャンパスにあります。太陽を正確に追跡して、レンズで光を集め発電する仕組みです。発電効率の高い発電素子を用いることによって可能になりました。

その製品は、標準シリコン系太陽電池と比較すれば、発電の効率は2倍です。そして、常に高い出力を維持し続けることも可能です。モジュールは薄型かつ軽量型です。厚さは、約100mm。一枚の重さは、10kg未満であることによって、輸送、設置作業の効率化のアップを実現することも出来ます。

そして、架台への搭載量をアップさせることも実現可能です。総括すれば、コストダウンにとても役立つシステムなのです。高さが8mの支柱へ、このモジュールを64個搭載しました。
集光システムを搭載している太陽電池モジュールであれば、モジュール下部分を有効的に利用することも可能です。集光システムを搭載している太陽電池モジュールは、柱状の追尾架台に設置する為に、下の場所を、農地や駐車場など別の用途として利用出来ます。

それは、将来有望な次世代型太陽光発電システムです。今後、海外でこのシステムは大いに注目されるはずです。
集光システムは、水蒸気で散乱しない直射日光の多い、かつ高温のアフリカなどでは、大きく期待出来る方法です。今後、この企業では、太陽光発電所の運営などにも積極的に行動していくことを目標としています。

住友電気工業では、太陽光発電についての実証実験を繰り返し進めて来ました。2012年の頃と比較していも既に、変換効率が1割ほど高まったともいわれています。それは、化合物多接合型太陽電池セルの変換効率向上によって実現しています。ただし、化合物多接合型太陽電池セルは外部より調達になります。

【メリット】標準シリコン系太陽電池と比較して、発電の効率はなんと2倍です。
【デメリット】価格の問題です。条件の良い地域であれば、 今後価格競争の見込める余地があります。

住宅用太陽光発電の価格相場について

住宅用太陽光発電の規模別【価格相場】

住宅用太陽光発電の全国平均の相場価格は、新築物件の場合設置容量は4.19kWでシステム価格は約160万円、1kWあたりの価格は37.2万円になっています。一方既築物件の場合には、設置容量は4.87kW、システム価格は約200万円、1kWあたりは40.7万円になっています。

ではどうして新築の方が、既築に比べて設置容量が小さく、価格も安くなる傾向があるのでしょうか?
これは住宅経費の兼ね合いで、太陽光発電にかける予算の上限が決まるケースが多いからと言われています。新築の家が小さいという意味ではなく、最大設置にすれば、もっと大きな容量を設置できるのですが、予算的に余裕がないので、既築よりも小さくなってしまう傾向があるようです。

また新築の場合、住宅メーカーがオプションとして太陽光発電システムを販売しているケースが多く、既築で購入するよりも安く購入できる場合が多いため、価格が割安になっているのです。

メーカー別の相場価格に関しては、性能が高い商品ほど、価格相場は高くなる傾向があります。つまり変換効率が高くなると、太陽光パネル自体の値段が高くなると言われているのです。変換効率だけで性能を決めるのはよくありませんが、メーカーの価格相場を比較する上で、指標となるのは確かでしょう。

またシステムの容量が大きくなればなるほど、価格は安くなるので、予算に余裕があるのであればたくさんの容量を設置した方がコストパフォーマンスは優れるでしょう。5〜6kWあたりの太陽光発電の場合、1kWあたりの40万円の東芝の太陽光パネルは約245万円程度します。一方1kWあたり38万円の京セラであれば、設置パネルの代金は約190万円にまで抑えることができるのです。

【まとめ】
住宅用太陽光発電は規模を大きくすればするほど、コストは安くなるので、屋根全面につけた方がよいでしょう。しかし日射条件を考えて設置しなければ変換効率は悪くなってしまうので注意が必要です。ソーラーパネルに関しては変換効率の高い商品ほど、価格は高い傾向があります。価格と変換効率を比較しながら、予算に合ったものを選ぶとよいでしょう。

売電価格を決定しているのは一般電気料金

売電価格は経済産業省が毎年決定しています。

どのような基準で売電価格が決定されているかと言いますと、一般家庭の電気料金と、太陽光発電の価格です。

太陽光発電の価格は私のサイトでも申し上げていますが、2014年3月には底値になり、値上りに転じています。

ですので、太陽光発電の導入コストはこれからはあまり売電価格の決定項目に加える必要はございません。

しかし、一般家庭の電気料金はそういう訳には行きません。

一般家庭の電気料金は毎月のように値上りを続けています。

その値上りの大きな理由のひとつにこの太陽光発電があります。

一般住宅に設置される太陽光発電システムも、産業用太陽光発電で大量のソーラーパネルが平地に敷き詰められている発電所も、発電した電気は電力会社が買い取る事になっています。

しかし、電力会社は電気を安く売って、一般の方から電気を高く買ってたのでは倒産してしまいます。

そこで電力会社は電力を買い取った分を一般電気料金の値上げという形で、一般消費者に負担させています。

という事は、太陽光発電が普及すればする程一般住宅にかける負担は大きくなっていきます。

従いまして、一般電気料金をこれ以上値上げすると、別の問題が発生してきます。

これらの電気料金を上げない為には、売電価格を下げて売電を少なくしていく方法しかありません。

今後は更に売電価格は下がっていきます。

太陽光発電と言えば売電価格が何かと注目されますね。しかし売電価格だけで採算を狙っているのでは古い方法かもしれません。